メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスクの恩返しは「10倍返し」新華社も報道 箱には漢詩 中国・無錫市新呉区→愛知県豊川市

愛知県豊川市に発送されるマスクの箱には漢詩が添えられている=新華社

[PR]

豊川市に寄贈するマスクの箱の前に立つ無錫市新呉区の職員=24日、新華社

 マスクの恩返しは10倍で――。多くの日系企業が集まる中国江蘇省無錫市の新呉区役所は24日、友好姉妹都市の愛知県豊川市への支援物資としてマスク5万枚の発送作業を開始した。国営新華社通信が25日に伝えた。

 豊川市は2月初めに新呉区に支援物資としてマスク4500枚を贈っていた。新呉区は23日に豊川市からマスクの在庫が不足しているとの連絡を受け、贈られた数の10倍以上にあたるマスク5万枚を中国国内で調達した。

 中国では最近になってマスクが市場に出回り始め、支援を受けた団体や企業から日本などに恩返しとしてマスクを郵送する動きが出ている。

 無錫市はサクラの名所としても知られており、豊川市に送られるマスクを詰めた箱にはサクラにちなんだ次のような漢詩が添えられている。

 <一衣帯水、源遠流長、隔海相望、桜花満開、衆志成城、戦疫必勝(私たちの一衣帯水の歴史は長く、海を隔てて思い合っている。桜が満開を迎えた。互いの心を合わせて城となり、ウイルスに打ち勝たん)>【北京・浦松丈二】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです