メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローマ教皇が新型コロナ検査 同じ宿舎の聖職者感染で

[PR]

 ANSA通信は26日、ローマ教皇フランシスコ(83)が新型コロナウイルスの検査を受けたと報じた。バチカン内の教皇と同じ宿舎に住む聖職者が感染したためで、検査結果はまだ出ていないという。聖職者は教皇に近い関係者だとの報道もある。

 イタリアメディアによると教皇は最近、感染を避けるために外出を控え、食事も1人で取っていた。宿舎は消毒されたという。バチカンではこれまでに5人の感染者が確認されている。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです