コソボで内閣不信任可決 コロナ対応を巡り西欧が懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染が拡大しているコソボ=AP
新型コロナウイルスの感染が拡大しているコソボ=AP

 連立政権の内紛が生じていた旧ユーゴスラビアのコソボで25日、内閣不信任案が可決された。欧州で新型コロナウイルスの感染が広がる中、コソボで政治混乱が続けば適切な対策が取られない可能性がある。

 コソボではこれまで新型コロナウイルスに71人が感染し、1人が死亡。ドイツやフランスは「(ウイルス対応には)安定した政権…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

注目の特集