メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石割桜、春の装い 盛岡地裁の国天然記念物 雪囲い外し「元気に花を」

幹に巻いていたコモの取り外し作業をする豊香園の職人たち=盛岡市内丸の盛岡地裁で

[PR]

 盛岡市内丸の盛岡地裁の敷地内にある国の天然記念物「石割桜」の雪囲いが25日、外された。春の訪れを待ち望む通行人らが足を止め、作業を見守った。

 作業は午前8時半から、市内の造園会社「豊香園」の職人8人で行われた。寒さから木を守るために幹に巻き付けられた、わらで編んだコモや、枝を支えていた約40本のつり縄を取り外し、枯れ枝を剪定(せんてい)した。

 90年近く作業に携わる同社の6代目、藤村尚樹社長(44)は「早く皆さんに春を届けたいと思って作業した。新型コロナウイルスの影響で今年は観光客が少なそうだが、石の間という苦しい環境でも成長し、元気に花を咲かせている桜を見てほしい」と話した。【山田豊】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです