メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10倍の恩返し 愛知・豊川市に中国の友好都市からマスク5万枚

マスク=ゲッティ(写真はイメージです)

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で品薄となっているマスクについて、愛知県豊川市は25日、中国の友好都市・無錫(むしゃく)市から豊川市に向けて5万枚が発送されたと発表した。

 豊川市は2月、無錫市の要請でマスク4500枚や防護服などを送った。だが日本国内での感染拡大により、豊川市の医療機関などの支給用マスクが2カ月後には底をつく可能性が出てきたことから、竹本幸夫市長が24日の記者会見で、無錫市に対しマスク4500枚の支援を要請する方針を示していた。

 無錫市では現在、新たな感染者は出ておらず、落ち着いている状況という。【石塚誠】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです