メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

善光寺で新型コロナ終息祈願

新型コロナウイルスの終息を願う僧侶=長野市元善町の善光寺大勧進で2020年3月25日、島袋太輔撮影

 善光寺大勧進(長野市元善町)は25日、新型コロナウイルスの沈静法要を開いた。感染症拡大の終息を祈願するとともに、亡くなった人々を供養した。

 大勧進の護摩堂や万善堂で、僧侶17人が計1時間お経を唱えた。善光寺如来は古代インドで疫病沈静のため出現したと言われており、僧侶は時代を重ね合わせ、沈静を願った…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  5. 活火山がない近畿でなぜ? 有馬温泉で100度近い湯が湧く理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです