メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ばんえい競馬、無観客でも初の300億円台 19年度馬券発売額、ネット販売絶好調

無観客で行われたばんえい競馬の最高峰レース「ばんえい記念」=帯広市で2020年3月21日午後5時23分、鈴木斉撮影

[PR]

 北海道帯広市主催ばんえい競馬は24日、2019年度の全レース(開催日数151日間)を終了した。インターネット販売が好調だった馬券の発売額は前年度比27・2%増の310億8567万円。初めて300億円の大台を突破した。

 ネット販売は発売額の8割超を占め、前年度比35・4%増の264億4784万円。新型コロナウイルス感染拡大防止のため最高峰重賞レース「ばんえい記念」(3月21日)を含め2月末から最終日まで全レースが無観客で行われたが、帯広競馬場の入場者数は延べ29万8624人と過去最多になった。

 好調の要因について、市ばんえい振興室は8年ぶりの新人騎手誕生や地方競馬最多連勝記録を樹立したホクショウマサルの人気、競馬場が東京五輪の聖火リレーコースに選ばれたことなどを挙げた。【鈴木斉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです