メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

副国交相が忖度発言… 下関北九州道路「橋りょう案が妥当」 国交省調査結果

下関北九州道路の計画について検討する「下関北九州道路計画検討会」の第2回会合=福岡市博多区博多駅東2の国土交通省九州地方整備局で2020年3月26日午前9時28分、平川昌範撮影

[PR]

 山口県下関市と北九州市を橋かトンネルで結ぶ下関北九州道路(下北道路)の建設計画を巡り、国土交通省は26日、「橋りょう案が妥当」とする調査結果をまとめた。災害時の対応やコスト、工期などから海底トンネルより橋の方が「現実的」と判断した。福岡市内で同日開かれた、同省や地元自治体でつくる計画検討会の会合で報告された。国交省は今後、環境影響評価などを経て国の事業採択を目指すことにしており、関門トンネルと関門橋に続く3本目の関門ルート計画が一歩前進することになった。

 下北道路は1998年に全国6ルートの「海峡横断プロジェクト」の一つとして閣議決定された。国の財政悪化で08年に全計画が凍結されたが、国交省は17年度から下北道路に関する両市の調査の補助金を復活。19年度には国直轄の調査費約4000万円を予算計上し、同省と両市、山口、福岡両県でつくる「下関北九州道路計画検討会」を設置して調査を始めた。

 同省はこれまでの調査結果や有識者への意見聴取、地域住民や企業へのアンケートなどを踏まえ、トンネルは風や潮流など気象の影響を受けにくく、船舶の航行にも支障がないといった利点がある一方、断層調査に時間がかかる上、地震発生時の機能回復に時間がかかる恐れがあると判断。具体的な数字は示さなかったものの「費用や工期の観点からも橋の方が現実的」と説明した。

 下北道路については、老朽化している関門トンネルや関門橋の代替ルートとしての役割が期待される一方、必要性を疑問視する声も出ている。19年4月には、塚田一郎副国交相(当時)が福岡県知事選の応援演説で、下関が地元の安倍晋三首相と、福岡県が地元の麻生太郎副総理兼財務相の意向を「忖度(そんたく)した」と発言。利益誘導とも取れる発言が批判を浴び、引責辞任した。【平川昌範】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです