限られた時間、どう生きる 尊厳死描いた映画、名古屋で上映

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「(主人公と)同年代の人に響くテーマだと思う」と話す村橋明郎監督=名古屋市中村区で、大野友嘉子撮影
「(主人公と)同年代の人に響くテーマだと思う」と話す村橋明郎監督=名古屋市中村区で、大野友嘉子撮影

 末期がんを宣告された患者と医師が命と向き合う様子を描いた映画「山中静夫氏の尊厳死」が、名演小劇場(名古屋市東区)で上映されている。村橋明郎監督は「死を前にした人が、限られた時間の中でどう生きたかに重点を置いた作品。自分の生き方を見つめ直すきっかけにもなると思う」と話す。

 末期の肺がん患者の山中静夫(中村梅雀)は故郷・信州で死にたいと願い、呼吸器内科医の今…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

あわせて読みたい

注目の特集