メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧の世界最大ゲンゴロウが産卵 ふ化には1カ月 福島の水族館

リュウキンカの茎内に産卵するオウサマゲンゴロウモドキ=福島県猪苗代町のアクアマリンいなわしろカワセミ水族館で(同水族館提供)

[PR]

 福島県猪苗代町のアクアマリンいなわしろカワセミ水族館は、世界最大種のゲンゴロウ「オウサマゲンゴロウモドキ」の産卵を確認したと発表した。国内では3例目。

 開館準備をしていた飼育員が21日、水槽内のリュウキンカという植物の茎の中に、雌のオウサマゲンゴロウモドキが卵を産み付けているのを見つけた。ふ化まで約1カ月かかるとみられる。平沢桂チームリーダーは「繁殖に向けてやっとスタートラインに立てた。これからは温度管理が重要で、しっかりとふ化させたい」と話した。

 オウサマゲンゴロウモドキは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅の恐れがあるとされる「危急種」に指定されている。体長は国内のゲンゴロウより若干大きい3・6~4・4センチ。同水族館など国内3施設が2019年11月から、繁殖や餌の研究のために飼育している。【湯浅聖一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです