メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市の松井市長、花見自粛を要請 「厳しめの対応が必要だ」

松井一郎大阪市長=2020年1月21日、川田雅浩撮影

[PR]

 大阪市の松井一郎市長は26日、間もなく満開を迎える桜の花見について「どこで感染したか分からない陽性者が増えているので厳しめの対応が必要だ」と述べ、市民に自粛するよう呼びかけた。報道陣の質問に答えた。

 12日の記者会見では、皿などを共有せず、参加者が密着しすぎないなどの対応を取れば自粛までは求めないとしていた。以降、感染拡大が深刻になっており、この日は「小さなグループが密集すれば結局大規模な花見会になる。今年は申し訳ないが自粛をお願いしたい」と述べた。【道下寛子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです