メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市の松井市長、花見自粛を要請 「厳しめの対応が必要だ」

松井一郎大阪市長=2020年1月21日、川田雅浩撮影

 大阪市の松井一郎市長は26日、間もなく満開を迎える桜の花見について「どこで感染したか分からない陽性者が増えているので厳しめの対応が必要だ」と述べ、市民に自粛するよう呼びかけた。報道陣の質問に答えた。

 12日の記者会見では、皿などを共有せず、参加者が密着しすぎないなどの対応を取れば自粛までは求めない…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです