メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中部空港、国際線わずか1便だけに コロナ感染拡大で大幅減便余儀なく

中部空港=本社ヘリから2006年12月、小林努撮影

 中部国際空港(愛知県常滑市)の26日に運航した国際線が、台北便(チャイナエア)の1便だけだった。拠点空港として国際線は1月1日現在で週482往復していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で大幅減便を余儀なくされている。

 国は3月9日、中国と韓国からの入国制限を強化し、両国便が成田と関西の2空港に集約…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ホンダvsセガサミー 第11日第1試合スタメン 決勝かけ14時から 都市対抗

  4. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです