メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふわふわのクリーム色 ゴマフアザラシの赤ちゃん誕生 秋田・男鹿水族館

生まれたばかりのゴマフアザラシの赤ちゃん(左)と母「みずき」=秋田県男鹿市で、男鹿水族館提供

 秋田県男鹿市にある男鹿水族館「GAO」で25日夜、ゴマフアザラシの雌の赤ちゃんが生まれた。既に一般公開され、ふわふわとしたクリーム色の毛で覆われた姿や、母親が赤ちゃんを守るように寄り添う様子などを見ることができる。

 同水族館によると、赤ちゃんは体重は約10キロ、体長約80センチ。生後2~3週間まで…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  2. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  3. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

  4. GoToトラベルの割引縮小はGW以降で検討 国交相

  5. 沖縄は復帰後も不条理強いる「反憲法下」 照屋寛徳氏の社民党への「遺言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです