メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相官邸コロナ情報サイト、「改善」アピールも、使い勝手はまだまだ

首相官邸ホームページ(HP)に掲載している新型コロナウイルス感染症の関連情報

 菅義偉官房長官は26日午後の記者会見で、首相官邸ホームページ(HP)に掲載している新型コロナウイルス感染症の関連情報(https://www.kantei.go.jp/jp/pages/coronavirus_index.html)について「困りごと、不安に応じて、関係省庁の担当部局の情報にワンクリックで届くようにした」と「改善」をアピールした。関連情報は生活への多様な影響を幅広く網羅しているものの、紹介された疑問への答えが明示されなかったり、リンクが機能しなかったりする例もあり、いまだに「玉石混交」状態。さらなる「改善」が求められそうだ。

 更新された関連情報コーナーでは、健康への不安、事業・雇用への影響、マスク・消毒液の不足、学校再開の見通し、薬の開発など幅広い疑問を紹介。疑問点をクリックすると関係省庁のウェブサイトにアクセスできる仕組みになっている。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです