メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神の藤浪投手がPCR検査へ 数日前から「におい感じない」 選手や球団職員は自宅待機

阪神の藤浪晋太郎投手

[PR]

 プロ野球の阪神は26日、藤浪晋太郎投手(25)が、新型コロナウイルス感染の有無を確認するPCR検査を受けると発表した。発熱やせきなどの症状はないが、数日前から「においを感じない」と訴えており、25日に受診した病院の医師が判断した。プロ野球選手がPCR検査を受けるのは初めて。

 球団によると、検査できる病院を探しており近日中に受ける。また、前日まで2週間の行動を本人に聞き取り、接触のあった関係者や知人に注意喚起を行った。食事をともにした阪神の選手数人が「味覚障害」の症状を訴えているという。

 これに伴い、26日に兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で予定されていたソフトバンクとの2軍練習試合を中止した。ソフトバンクの選手と、症状を訴えている選手の接触はなかった。球団は同球場や甲子園球場など関連施設の消毒作業を行い、選手や球団職員を自宅待機とした。【田中将隆】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです