メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上パラ内定の佐藤友祈ら14選手、取り消さず

[PR]

 日本パラ陸連は26日、昨年の世界選手権の結果で14選手に出した東京パラリンピック代表の内定は取り消さない方針を発表した。大会が1年程度の延期となったことで出場枠割り当ての方法に大幅な変更がない限り、日本パラリンピック委員会(JPC)に、そのまま代表として推薦する。

 陸上では世界選手権で男子400メートル、1500メートル(車いすT52)の2冠を達成した佐藤友祈(WORLD―AC)らが内定している。

 日本パラ陸連の増田明美会長は選手に対し、「調整力も競技力のうち。1年以上先の目標に向けて、調整、練習を重ね、本番を最高の状態で迎えられるよう、がんばってください」とするメッセージを送った。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです