メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解雇から裁判勝訴で復帰 元前頭・蒼国来が引退 年寄「荒汐」襲名し部屋継承

蒼国来=愛知県体育館で2013年7月、兵藤公治撮影

[PR]

 日本相撲協会は26日、元前頭で春場所は幕下だった蒼国来(36)が26日付で現役を引退し、年寄「荒汐」を襲名し、部屋を継承することを発表した。元小結・大豊の荒汐親方(64)は同日付で退職した。

 蒼国来は中国・内モンゴル自治区出身。2003年秋場所で初土俵、10年秋場所には新入幕を果たした。11年に発覚した大相撲の八百長問題に絡んで協会から解雇処分を受けたが、裁判での勝訴を経て13年名古屋場所で復帰。19年9月に日本国籍を取得した。【村社拓信】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです