メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲 8月の「オリパラ場所」中止を決定 夏場所開催の結論は出ず

大相撲春場所千秋楽の取組を終え、幕内全力士らと一礼する日本相撲協会の八角理事長(中央)=エディオンアリーナ大阪で2020年3月22日午後5時29分、木葉健二撮影

[PR]

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、8月12、13日に両国国技館で開催予定だった「大相撲 東京2020オリンピック・パラリンピック場所」の中止を決めた。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)によると、延期になった東京オリンピック・パラリンピックの開催日程が決まり次第、改めて検討するという。

 理事会では5月10日初日の夏場所(両国国技館)についても話し合われたが、開催について結論は出さなかった。芝田山広報部長は新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、「方向性を出せる段階ではない」と説明。春場所のような無観客での開催のほか、観客数を減らして感染リスクを軽減する案などが出たという。夏場所に先立って5月2日に一般公開で行う予定だった横綱審議委員会による稽古(けいこ)総見は中止が決まった。【村社拓信】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです