メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

好きな言葉は“入金”! 息子・林家木久蔵が明かす父・林家木久扇の芸人魂

「サワコの朝」に登場する林家木久扇さん・木久蔵さん(右)=MBS提供

[PR]

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、3月28日午前7時半~8時)のゲストは、落語家の林家木久扇さん、木久蔵さん親子。

 新作落語を得意とし、陽気なキャラクターで人気を集める木久扇さんと、父譲りの明るいキャラクターで古典落語を武器に活躍する木久蔵さんは、2007年に落語界初の親子同時襲名を果たし、大きな話題となった。孫のコタくんも木久扇さんの弟子として落語家デビューしたことから、親子三代での活躍も注目されている。

 そんな2人は、スタジオに登場するやいなや、すぐに小噺を披露。温まったスタジオでは、暗くなりがちな世の中のムードを吹き飛ばす笑いの溢れるトークを繰り広げてくれた。

 好きな言葉が“入金”というほど、お金が大好きという木久扇さんは、海外で象を買って商売をしようと画策した話や、田中角栄元首相を怒らせた(!?)“木久蔵ラーメン”中国進出話などを披露。落語以外でも、商才を発揮した木久扇さんだったがラーメン店を海外進出させた際は、一筋縄ではいかなかったようで…。

 一方で、幼い頃は貧乏暮らしで母を支えようと小学校4年生にして映画館でアイスを売っていたと話す木久扇さん。漫画家・清水崑さんに弟子入りし、漫画家を志していたところから一転、落語家の道を歩み始めたきっかけや、“木久蔵”の名の由来をサワコに語りました。

 芸歴60年になる今も輝き続ける木久扇さん。そんな父に抱く思い、肌で感じた父の芸人魂を息子・木久蔵さんが語ってくれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです