メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄国内線、さらに減便 新型コロナ、JTAとスカイマーク/沖縄

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で需要が落ち込んでいることから、日本トランスオーシャン航空(JTA)とスカイマークは25日、那覇発着の国内航空路線の新たな減便を発表した。JTAは4月6日~19日の期間中で186便、スカイマークは3月29日~4月12日の期間中、124便を減便する。

 沖縄を発着する国際路線は全休しており、国内路線の減便が拡大すると観光客数の大幅な減少が懸念される。

 JTAは名古屋で18便、福岡、宮古、石垣路線でそれぞれ56便の計186便を減便する。

 スカイマークは羽田で32便、神戸44便、名古屋で14便、福岡で34便の計124便を減便する。

 各社、減便対象の路線を予約している利用者には、代替便を用意するなどして対応している。(琉球新報)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです