メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

ドラマー(元ブルーハーツ) 梶原徹也さん 価値のない命はない メッセージ出し続ける

「25年前に解散したブルーハーツが、まだこんなに人気があるのが不思議」=大阪市北区で、望月亮一撮影

 ロックバンド「THE BLUE HEARTS」(ザ・ブルーハーツ)の1995年の解散から四半世紀、新規ファンを獲得し続けているドラマーは今もスティックを握る。

 「障害の有無に関係なく、一つのものに迷いなく打ち込む姿に圧倒され、心打たれる。一緒に演奏していて何に感動しているかといえば、やっぱり『生きるエネルギー』ですかね」。ブルーハーツ解散後に加入した、神奈川県厚木市の障害者施設の利用者らによるロックバンド「サルサガムテープ」のことだ。NHK番組「おかあさんといっしょ」の5代目「うたのおにいさん」、かしわ哲さん(69)を中心に94年に結成された。手作り太鼓による自由で力強いビートで知られ、フジロックフェスティバルに出演したこともある。

 きっかけは元「RCサクセション」の忌野清志郎さん(2009年死去)のスタッフの紹介だった。1月発売のニューアルバム「ワンダフル世界」には、清志郎さんが作詞した「雨上がりの夜空に」のカバー曲も収録。作曲したRCのギタリスト、仲井戸麗市さん(69)もギターとコーラスでレコーディングに参加した。「高校生の頃からの憧れの人と一緒に仕事ができて、感激の思いひとしおでした」

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです