メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪 春開催も検討 IOC、3週間で決定

 東京五輪の来年への延期を決めた国際オリンピック委員会(IOC)が、新たな開催日程について3週間前後をめどに決定する方針であることが26日、関係者の話で分かった。大会組織委員会内で有力な夏開催案を軸に、一部の国際競技団体(IF)から提案があった春開催案も検討する。遅くとも来夏までに開催することは確定している。

 IOCのバッハ会長はこの日開かれた臨時電話協議で各IFやIOCの全委員と意見交換した。春開催を望む意見や9月開催が一案として出されたほか、日程の早期決定を求める声が目立ったという。IOC調整委員会や組織委で構成する作業部会が日程、会場などの懸案を調整する予定で、日程はIFの意見を踏まえて「3週間をめどにはっきりさせたい」との方向性がIOC側から示された。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです