メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界遺産委の開催可否検討 「縄文遺跡群」影響? 中国で予定 /青森

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は25日までに、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、6月下旬から中国で予定している世界遺産委員会の開催可否を検討していると明らかにした。委員会では自然遺産候補として「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の登録が審査される見通しになっている。

 ユネスコはホームページで「ウイルスが流行している状況が委員会に及ぼす影響を現在慎重に検討している。さらなる詳しい情報をできるだけ早く提供する」と伝えた。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです