メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪延期 南スーダン選手団事前合宿受け入れ 前橋市の継続を歓迎 関係者「プラスに」 /群馬

記者会見に臨む南スーダン選手団ら=前橋市総社町の王山運動場で

 東京オリンピック・パラリンピックに出場予定の南スーダン選手団の事前合宿受け入れを前橋市が26日、当初の開幕月の7月まで継続すると発表したことを受けて、関係者からは歓迎する声が聞かれた。

 選手団に練習を指導している市陸上競技協会理事長の吉野宏さんは「選手たちもやる気に満ちた顔つきだ。延期をプラスに考えて、より好タイムが出るように指導し…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 京都新聞記者が滋賀県を異例の提訴 旧優生保護法の関連文書開示求め

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 石破氏、他派閥に秋波 「これが最後の挑戦」次期総裁選にらみ支持固め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです