メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・アートを歩く

芸術さんぽ 鋸山美術館(千葉県富津市) 金谷の魅力、発信続ける /東京

アジの巨大なオブジェと房州石を用いた外壁。鋸山美術館は外観も見どころだ=千葉県富津市の鋸山美術館で、2020年2月27日午後2時11分、倉岡一樹撮影

 かつて「房州石」の産地として栄え、今は登山者や観光客に人気が高い鋸山のふもとにある。「石と芸術の町」を目指す千葉県富津市金谷の町おこしのシンボル的な存在だ。

 敷地に入ると、金谷名物であるアジの巨大なオブジェ(ステンレス製)に目を奪われる。建物は「石の金谷」をイメージしたコンクリートの打ちっぱなしで、入り口横の壁面上部には厚さ5センチほどに切った房州石の板約330枚が飾られており、印象的だ。

 収蔵品は、千葉ゆかりの絵画が中心で、4月12日に始まる収蔵作品展で鑑賞できる。現在は、同館主催の第6回鋸山美術館コンクールの作品展(4月5日まで)が開かれており、入選作203点を展示している。別館の石蔵には、石切り道具や鋸山の歴史を伝える写真パネル、ビデオ映像があり、登山客にも好評だ。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです