メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書道・なるほドリ

毛筆の姿勢に決まりはあるの? 手本全体見渡せるように=回答・水川芳竹 /神奈川

書道の正しい姿勢=光村図書の高校教科書「書Ⅰ」より

 なるほドリ 毛筆で書くときの姿勢に決まりはあるの?

 A 姿勢は書道の大事な要素です。正しい視野や筆の角度は姿勢で決まるからです。写真のように肘(ひじ)を少し開き、手首を立てて筆を持ちます。前腕部と机が水平を保つのが理想です。肘の角度が正しくないと、書いているうちに筆と紙の角度が変わってしまいます。書を学ぶ際には、お手本を観察しながら練習しますよね。背筋を伸ばし、お手本全体が見渡せるようにしましょう。

 Q お手本を見てもうまく書けないよ。どうしてかな。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです