台風19号 長野市の災害対策本部解散 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長野市は26日、台風19号の市災害対策本部を、応急処置のめどがついたとして解散した。県内市町村が台風19号で設置した災害対策本部は全て解散となった。今後、長野市は市災害復興本部で復旧復興への対応を行う。

 市は、台風上陸前日の2019年10月11日に市災害警戒本部を設置、翌12日に市災害対策本部に移行した。12月1日には市災害復興本部を設置して復興の議論を続けている。

 これに伴い、県も26日に県災害対策本部を解散した。【島袋太輔】

あわせて読みたい

注目の特集