車いすでも「楽楽」千本鳥居に 伏見稲荷大社、境内にエレベーター /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
伏見稲荷大社境内に完成した車いす・高齢者用エレベーター=京都市伏見区で、矢倉健次撮影
伏見稲荷大社境内に完成した車いす・高齢者用エレベーター=京都市伏見区で、矢倉健次撮影

 バリアフリー化の一環として、京都市伏見区の伏見稲荷大社の境内に車いす・高齢者用エレベーターが設置され26日、大社の「竣功(しゅんこう)祭」があった。4月1日から運用する。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で参加者を大幅に絞り、式には約40人の大社役員や工事関係者らが出席して神楽を奉納し、玉串をささげるなどして新設備の安全を願った。これまで車いすでの参拝は、楼門を入った拝殿や本殿までが一般的。さらに上にある観光名所の千本鳥…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

あわせて読みたい

注目の特集