メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

世界同時不況の恐れ 月例報告、景気「回復」削除 コロナ、消費・生産直撃

 新型コロナウイルスの感染拡大による各国経済への影響が深刻化している。日本政府が26日発表した月例経済報告では、6年9カ月ぶりに景気判断から「回復」の文字が消えた。外出禁止や店舗閉鎖が拡大する米国では失業者が急増し、欧州もマイナス成長に転じる見通しになるなど、2008年のリーマン・ショック後以来の世界同時不況に陥る恐れが強まっている。【森有正、浅川大樹、ワシントン中井正裕、ロンドン横山三加子】

 「この状態が4月まで続くと、経営が持たない会社も出てくるだろう」。篠栗観光バス(福岡県)の石井孝敏社長は心配顔だ。同社では2月からツアー旅行のキャンセルが始まり、今月中で営業運転ができるのはわずか4日間にとどまりそうだという。

この記事は有料記事です。

残り2834文字(全文3146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです