メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

東京五輪延期の衝撃

 

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、今夏の東京オリンピック・パラリンピックを1年程度延期するという異例の事態を招くことになった。4年に1度の「平和の祭典」の変更がアスリートたちへ及ぼす影響は計り知れず、社会にも大きな衝撃を与えた。私たちは突然の延期決定をどのように受け止めるべきなのだろうか。

開催時期、はっきりさせて 宗猛・旭化成陸上部総監督

 新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大している現状を考えれば、東京五輪は中止にならず、延期で済んで良かったと思う。4年に1回行われる五輪は選手にとっても特別だ。来春開催の可能性もあるようだが、選手の本番までのプランなどを考えれば、ちょうど1年後に実施するとか早く時期をはっきりさせた方がいい。

この記事は有料記事です。

残り4182文字(全文4503文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 東京オリンピック 無観客含む3案を政府検討 「日本は中止判断」英紙が報道

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです