メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 与野党、世論意識し「協調」 来年度予算きょう成立

 2020年度予算案は27日の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立する。立憲民主党など野党は予算案には反対するものの、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、衆院で不信任決議案を提出した森雅子法相らへの問責決議案提出は見送る方針だ。新型コロナ対策が急務の中、与野党対立が強まれば有権者の反発を招く恐れがあるため、双方が「協調」路線を演出している。【立野将弘、東久保逸夫】

 「本会議で報告いただくほど重いものはない。適切な対応を政府がするということだ」。自民党の森山裕国対委員長は26日、国会内で記者団にこう語り、4月2日に安倍晋三首相が出席する衆院本会議を開くことで立憲の安住淳国対委員長と合意した意義を強調した。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです