メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

帰還困難区域の全面解除いまだ 国の覚悟が見えない=高橋隆輔(福島支局)

帰還困難区域に指定され、避難指示解除の見通しが立たない福島県浪江町の赤宇木地区=2月27日、渡部直樹撮影

 東京電力福島第1原発事故で全域が避難指示区域となっていた福島県双葉町で4日、放射線量が比較的高い帰還困難区域の一部が解除された。しかし、区域全域の解除に向け、国は道筋を示せずにいる。原子力という国策がもたらした事故の被害住民に、国は納得できる解決策を早く提示すべきだ。国民が主役である民主国家としての姿勢が問われており、決して被災地だけの問題ではない。

 「帰るか帰らないか分からないから除染しないなんて話ねえべ。汚した人がきれいにするのは当たり前じゃないか」。2月、ともに取材していた同僚に、浪江町から避難している住民が漏らした。これからも住み続けるはずだった家を突然汚され、汚した側から退去を求められた。トラブル解決の基本である「原状回復」を求めているだけで、過分な主張とは思えない。

 現行の避難区域は2013年8月までに、第1原発周辺の11市町村計1150平方キロに設定された。除染やインフラ復旧が進んだ自治体から順に解除され、現在は帰還困難区域のみ、約337平方キロが残る。このうち約8%では、22~23年に解除を目指す特定復興再生拠点区域(復興拠点)の整備が進んでいる。

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文2041文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです