メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ G7共同声明見送り 米長官「武漢ウイルス」固執 外相会合

 ポンペオ米国務長官は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り中国の情報統制が全世界的な対応の遅れにつながったと改めて指摘し、「中国共産党が私たちの健康や暮らしに重大な脅威をもたらしている」と批判した。テレビ会議の形式で実施された主要7カ国(G7)外相会合後の記者会見で語った。「武漢ウイルス」との呼称も繰り返し使い、対立姿勢を鮮明にした。

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)によると、米国が「武漢ウイルス」という表現を外相会合後の共同声明に盛り込むよう主張したが、他の参加国が反対したため、声明には合意できなかったという。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです