連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

個人が不幸にならないこと=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大と、経済への影響が懸念される。感染すると命にかかわること、また特効薬がないことを踏まえると、物理的に人が行動を制限して感染を防ぐしかないのは理解できる。ワクチンや特効薬が開発されるまで、この状況が長期化する可能性もあるだろう。

 多くの人の行動に制約がかかる状況では、経済が通常どおりにまわるとは考えにくい。経営破綻する企業のニュースなども出てきているが、なにより心配なのは、今日明日の暮らしに困る人が出ることだ。

 休業補償など収入面での政策が検討されており、非常に重要なことだと考える。同時に、コスト面でも、できることをどんどん実行していく必要があるのではないだろうか。補償給付にはタイムラグがあることが想定され、十分なたくわえがない世帯では、その前に家計がショートすることもあり得るためだ。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文718文字)

あわせて読みたい

注目の特集