メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第2回ウッドトランスフォームシステムコンペティション 災害時役立つ木製品

 災害時だけでなく、普段の暮らしにも役に立つ、木を使った製品づくりのアイデアを競う「第2回ウッドトランスフォームシステムコンペティション」の最終審査会が6日、東京・大手町の異業種交流拠点「3×3 Lab Future」で開催された。昨年10~12月に応募があった168作品から、最優秀賞に東京都北区の会社員、辻映里さん(32)の「便座カバー付き洋式トイレ」が、優秀賞に札幌市の北海道芸術デザイン専門学校1年、山中玲二さん(19)の「暖かベンチ」がそれぞれ選ばれた。受賞作、審査の講評などを紹介する。【志摩和生】

 ◆最優秀賞「便座カバー付き洋式トイレ」 辻映里さん

この記事は有料記事です。

残り2237文字(全文2518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです