メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第69期王将戦

大阪王将杯 第7局 渡辺防衛、光る底力

 新潟県佐渡市で25、26の両日行われた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局。渡辺明王将(35)が挑戦者の広瀬章人八段(33)に勝ち、4勝3敗で2連覇・通算4期を達成した。棋王・棋聖とともに3冠を保持し、4月に開幕する名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催)で豊島将之名人(29)に挑む。

 今シリーズはフルセットの苦しい戦いとなったが、最後に渡辺の底力が光った。

 今年に入って王将戦のほか、棋王戦、名人戦A級順位戦、叡王戦トーナメントなど重要な対局が続いた。渡辺はハードなスケジュールの中でも次々と勝利を収める。棋王戦は防衛で8連覇を果たし、A級順位戦は史上4人目の全勝での挑戦を決めた。

この記事は有料記事です。

残り1629文字(全文1926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです