メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪王将杯 第7局 渡辺防衛、光る底力

 新潟県佐渡市で25、26の両日行われた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局。渡辺明王将(35)が挑戦者の広瀬章人八段(33)に勝ち、4勝3敗で2連覇・通算4期を達成した。棋王・棋聖とともに3冠を保持し、4月に開幕する名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催)で豊島将之名人(29)に挑む。

 今シリーズはフルセットの苦しい戦いとなったが、最後に渡辺の底力が光った。

 今年に入って王将戦のほか、棋王戦、名人戦A級順位戦、叡王戦トーナメントなど重要な対局が続いた。渡辺はハードなスケジュールの中でも次々と勝利を収める。棋王戦は防衛で8連覇を果たし、A級順位戦は史上4人目の全勝での挑戦を決めた。

この記事は有料記事です。

残り1629文字(全文1926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです