メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・調布墜落、社長不起訴へ 業過致死傷容疑 予見困難と判断

 2015年7月に東京都調布市で小型プロペラ機が墜落し、住民を含む8人が死傷した事故で、東京地検立川支部が、業務上過失致死傷容疑で書類送検されていた、機体を管理していた「日本エアロテック」(同市)の小山純二社長(66)と、川村泰史機長(当時36歳)=事故で死亡=を、月内にも不起訴(容疑不十分)とする方向で最終調整していることが判明した。

 プロペラ機は15年7月26日、調布飛行場(同市)から大島空港(東京都大島町)に向けて5人を乗せて離陸後、住宅街に墜落。住民の鈴木希望さん(当時34歳)と搭乗者の早川充さん(同36歳)、川村機長が死亡し、住民ら5人がけがをした。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです