メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

那須雪崩から3年 「忘れない、愛してる」 遺族ら追悼式

雪崩事故から3年を前に追悼式を開いた遺族ら。中央は高瀬淳生さんの母晶子さん=栃木県那須町で26日午前

 2017年3月27日、栃木県那須町で登山講習中の県立大田原高山岳部員ら8人が死亡した雪崩事故から3年になるのを前に、遺族が26日、現場近くの展望台で追悼式を開いた。高1だった高瀬淳生さん(当時16歳)の母晶子さん(53)は涙を浮かべ「みんなのこと、ずっとずっと忘れない。愛してる」と声を震わせた。

 遺族らは青空の下、事故現場を望んで献花…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  2. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  3. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  4. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  5. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです