メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

青木淳さん=リニューアルオープンする京都市京セラ美術館館長

京都市京セラ美術館の青木淳館長=京都市左京区で2020年3月10日午後0時44分、川平愛撮影

 建築家にして美術館長という異例の肩書だ。

 日本で2番目に歴史ある公立美術館、京都市美術館が4月4日にリニューアルオープン。命名権契約により京都市京セラ美術館(通称)となった。同館の再整備基本設計のコンペで選ばれ、2年近くに及ぶ大規模改修の指揮を執った。そして、2019年4月に館長に就任。「声がかかった時は驚いた」が、「ハードとソフトがかみ合った新しい美術館づくりに貢献したい」と決意を固めた。

 元は公募展などの会場として地域に密着した館であるうえ、京都という街ならではの特殊性もある。「外様もいいとこ」と緊張感を漂わせつつ、「外から来た人間だからこそ見えるものがあるはず」と笑顔をのぞかせる。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです