メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリンピック1年延期 首相「専門家助言なし、政治判断」参院予算委 

参院予算委員会の締めくくり質疑で新型コロナウイルスの感染拡大による東京五輪・パラリンピックの開催延期などについて答弁する安倍晋三首相=国会内で2020年3月27日午前9時38分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は27日午前の参院予算委員会で、東京オリンピック・パラリンピックの1年程度の延期を国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に提案したことについて「専門家の助言はいただいていないが、政治的に判断しなければならない」と述べ、自身の政治判断だったことを明らかにした。立憲民主党の石橋通宏氏への答弁。

 首相は、1年という期間について「世界における(新型コロナウイルスの)感染の広がりを勘案すると、数カ月程度では困難と考えた」と説明。「2年という長期となれば、もはや2020年東京大会へのモメンタム(勢い)が失われ、別の大会のようになってしまうという懸念があった」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. ORICON NEWS 『カワスイ 川崎水族館』17日グランドオープン “多摩川からアマゾン”の水辺を五感で体感

  4. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです