メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国が入国規制を強化 新型コロナ対策「やむを得ず臨時的な措置」

=ゲッティ

 中国政府は26日、新型コロナウイルス対策として、外国人は有効な査証(ビザ)や居留許可証を持っていても28日から当面は入国できなくなると発表した。29日からは中国発着の国際航空便を現状の1割程度まで大幅に縮小する。外国からの感染者の流入を阻止するため、入国規制を大幅に強化した。

 中国外務省は入国停止措置について「多くの国の手法を参考にやむを得ず臨時的な措置を取った」と説明した。発表によると、外交官は入国停止の対象外。今後も貿易や人道支援目的などでの新たなビザ申請は可能としているが、詳しい条件は明示されていない。

 既に日本人への観光旅行のビザ免除措置が取り消されており、日本側も中国人に対する入国規制を強化している。年間1100万人を超えていた両国の人的往来がほぼ途切れる異例の事態になる。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです