西日本豪雨被災ラーメン店、移動販売で復活 イノシシスープ、決意の「タイガー」 愛媛・西予

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
笑顔でラーメンを提供する千葉達也さん=愛媛県西予市野村町地区で、遠藤龍撮影
笑顔でラーメンを提供する千葉達也さん=愛媛県西予市野村町地区で、遠藤龍撮影

 「復興の思いをラーメンに乗せて多くの人に届けたい」。2018年7月の西日本豪雨で甚大な被害を受け廃業した愛媛県西予市野村町地区のラーメン店がこの春、車で食事を移動販売するフードトラックで営業を再開した。店名は「タイガーラーメン」。「虎は千里往って千里還る」ということわざから、県内どこにでも駆け巡るという決意を込めた。

 「注文どうしますか」。12日正午、同地区の市野村支所裏。千葉達也さん(45)の威勢のいい声が響いた。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1075文字)

あわせて読みたい

注目の特集