メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤングケアラー~幼き介護

全国初、ヤングケアラー支援条例 埼玉県で成立 県機関が連携し支援、実態把握

27日に成立した埼玉県ケアラー支援条例。身近な人の介護・世話をするケアラー全体の支援や県の責務を明記し、18歳未満のヤングケアラーは特に条文を設けた

 通学や仕事をしながら家族を介護する子ども「ヤングケアラー」の支援を含む埼玉県ケアラー支援条例が27日午前、県議会で可決・成立した。無償で身近な人の介護・看護・世話をするケアラーについて、介護、障害者支援、医療、教育、児童福祉の県関係機関が連携して支援。特に18歳未満のヤングケアラーは人格形成の重要な時期にあたるため、県内の学校などに実態の把握を求める。ヤングケアラーを支援する条例制定は全国で初めて。

 条例は、ケアラーを社会全体で支える基本理念を明記。ヤングケアラーには教育の機会の確保や心身の健やかな成長、発達、自立が図られるよう支援を行う必要性を示した。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです