特集

ヤングケアラー

通学や仕事をしながら家族の介護をする子ども「ヤングケアラー」。将来が左右される深刻なケースも。

特集一覧

ヤングケアラー~幼き介護

全国初、ヤングケアラー支援条例 埼玉県で成立 県機関が連携し支援、実態把握

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
27日に成立した埼玉県ケアラー支援条例。身近な人の介護・世話をするケアラー全体の支援や県の責務を明記し、18歳未満のヤングケアラーは特に条文を設けた
27日に成立した埼玉県ケアラー支援条例。身近な人の介護・世話をするケアラー全体の支援や県の責務を明記し、18歳未満のヤングケアラーは特に条文を設けた

 通学や仕事をしながら家族を介護する子ども「ヤングケアラー」の支援を含む埼玉県ケアラー支援条例が27日午前、県議会で可決・成立した。無償で身近な人の介護・看護・世話をするケアラーについて、介護、障害者支援、医療、教育、児童福祉の県関係機関が連携して支援。特に18歳未満のヤングケアラーは人格形成の重要な時期にあたるため、県内の学校などに実態の把握を求める。ヤングケアラーを支援する条例制定は全国で初めて。

 条例は、ケアラーを社会全体で支える基本理念を明記。ヤングケアラーには教育の機会の確保や心身の健やかな成長、発達、自立が図られるよう支援を行う必要性を示した。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文637文字)

【ヤングケアラー】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集