メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ にぎわうキャンプ場「人との距離あって安心」 外出自粛要請で一転…

夕暮れの中に浮かび上がるたくさんのテント。キャンプ場の宿泊客らが食事を取ったり、たき火を囲んだりしていた=東京都奥多摩町の川井キャンプ場で2020年3月21日、手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で屋内施設の休止やイベント自粛が長びく中、郊外のキャンプ場がにぎわいを見せている。東京都奥多摩町の川井キャンプ場では先週末、河原に大小50以上のテントが並び、夕暮れ時にはテントに泊まる家族連れや若者たちが、たき火を囲んでくつろぐ姿も見られた。

 東京都町田市から4歳と生後3カ月の子供を連れ、家族4人で訪れていた会社員の細見幸司さん(34)は「ウイルス感染が心配で、電車に乗るのも控えている。キャンプは人同士の距離があって安心感が…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです