特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

クルド人男性「どうか助けて」 入管収容中「精神的暴力受けた」自殺未遂繰り返す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で入管の処遇の問題を訴えるデニズさん=参院議員会館で2020年3月26日午後3時10分、井田純撮影
記者会見で入管の処遇の問題を訴えるデニズさん=参院議員会館で2020年3月26日午後3時10分、井田純撮影

 東日本入国管理センター(茨城県牛久市)収容中に職員から暴行を受けたとして、国家賠償訴訟を起こしているトルコ国籍のクルド人男性、デニズさん(41)が26日、参院議員会館で記者会見した。デニズさんは、健康上の理由などで一時的に拘束を解かれる仮放免措置を受け、24日に同センターから解放されたばかり。デニズさんは2007年に来日、11年に日本人女性と結婚したが、在留資格を得られず、国外退去処分を受けて16年に収容された。現在も難民認定を求め、母国の親族が迫害を受ける恐れがあるとして姓は公表していない。

 支援者らによると、デニズさんは2月21日から仮放免までの約1カ月の間に、自ら首を絞めるなどして10回の自殺未遂を繰り返していた。収容中にデニズさんはさまざまな種類の睡眠導入剤、抗精神病薬などを処方されており、「死にたいと思ったわけではないのに、意識もないまま自殺を試みて、病院で目が覚めたことがある」と話した。

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1260文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集