日本最古の飛行機設計図とは… 江戸時代の科学者、国友一貫斎の生家から冊子発見 滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
設計図の詳細を記した冊子を手にする滋賀県長浜市の太田浩司・学芸専門監。手前は市指定文化財になっている設計図=同市で2020年3月、若本和夫撮影
設計図の詳細を記した冊子を手にする滋賀県長浜市の太田浩司・学芸専門監。手前は市指定文化財になっている設計図=同市で2020年3月、若本和夫撮影

 滋賀県長浜市は27日、地元ゆかりの江戸時代の科学者で技術者、国友一貫斎(いっかんさい)(1778~1840年)が描いた飛行機の設計図「阿鼻機流(あびきる) 大鳥秘術(おおとりひじゅつ)」について、各部位の詳細を記した冊子が見つかったと発表した。市は「一貫斎が実際に飛行機を製作しようと考えていたことが裏付けられた」とみている。

 同図は現存する飛行機の設計図としては国内最古とされ、1964年に市の指定文化財になっている。木馬に乗った人間が翼を羽ばたかせて飛ぶ構造で、「阿鼻機流」の語源はラテン語で「小鳥」を意味する「avicula(アビクラ)」と推測されるという。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文620文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集