メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスク着用強要可能?自宅待機中の給料は? 社労士有志が中小向け対応ガイド無料配布

作成したガイドブックをスクリーンに映し、解説する社労士の村里正司さん=福岡市博多区で2020年3月25日午後4時56分、平塚雄太撮影

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、全国の社会保険労務士らの有志グループが、中小企業向けに職場で感染者が出た場合の対応策や各種助成金制度などをまとめた「労務対応まるわかりガイドブック」(全31ページ)を作成した。インターネット上で無料配布しており、今後も情勢に応じて内容を更新するという。

 グループは福岡や東京、名古屋などの社労士や弁護士ら計8人。感染拡大が社会問題化した3月中旬ごろから連絡を取り合い、それぞれが企業関係者らから相談を受けた事例や2009年の新型インフルエンザ流行時の経験を基にまとめた対応策を42項目の「Q&A」形式で掲載した。

 例えば「労働者にマスク着用を強要することはできるのか?」という設問では「服務規則として着用を指示することは可能。ただし、マスク自体が不足していることもあり、着用していないことをもって懲戒処分や注意の対象とすることは難しい」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 読む本は電話帳でもいいでしょうか?…

  2. プロ野球 パ今季CSは3球団で実施

  3. コロンビア国防相がコロナで死去 上智大院修了、在日大使館で勤務

  4. 赤坂電視台 加藤浩次/2 こんなにありがたい仕事はない

  5. Fact・Check 不正確 新型コロナ 野党議員は自宅待機なのに自民党議員は無症状即入院 「権力に近い人優遇」国民疑念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです