メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「マスク入荷」のおとり広告 大手ドラッグストアなど2社に再発防止の行政指導 消費者庁

消費者庁が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関で、竹内紀臣撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足が続く中、マスクがないにもかかわらず入荷をうたったチラシを配布したとして、消費者庁は27日、景品表示法(おとり広告の禁止)に基づき大手ドラッグストアとディスカウントストア計2社に再発防止を行政指導したと発表した。

 毎日新聞の取材では指導を受けたのはウエルシア薬局(東京都千代田区)とダイレックス(佐賀市)。同庁によると両社は2月中旬、マスクの発注後に入荷しなくなったことを知りながらチラシを配布した。

 ウエルシア薬局は27日、ウェブサイトに「マスクが販売計画数以上の需要となり、品薄状態であるにもかかわらず、チラシ掲載したことにより、お客様にご迷惑をおかけしました」とする文書を掲載した。ダイレックスも2月中旬にウェブサイトにおわびの文書を掲載していたと説明している。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです