メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学推薦入試書類出し忘れ 滋賀県教委、県立高教諭2人など処分

謝罪する滋賀県教委の担当者ら=県庁で2020年3月27日午後4時16分、菅健吾撮影

 生徒から預かった私立大学の推薦入試の出願書類を送り忘れていたとして、滋賀県教委は27日、県立高校の担任の男性教諭(31)と進学担当の男性教諭(61)をいずれも減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。担任が自分のロッカーに入れたまま、送付を忘れていたという。

 県教委によると、担任は2019年11月1日に高校3年の生徒から出願書類を預かり、進学担当の教諭に渡そうとしたが不在だったため、自分のロッカーに入れたまま失念。出願の締…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです