メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学推薦入試書類出し忘れ 滋賀県教委、県立高教諭2人など処分

謝罪する滋賀県教委の担当者ら=県庁で2020年3月27日午後4時16分、菅健吾撮影

 生徒から預かった私立大学の推薦入試の出願書類を送り忘れていたとして、滋賀県教委は27日、県立高校の担任の男性教諭(31)と進学担当の男性教諭(61)をいずれも減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。担任が自分のロッカーに入れたまま、送付を忘れていたという。

 県教委によると、担任は2019年11月1日に高校3年の生徒から出願書類を預かり、進学担当の教諭に渡そうとしたが不在だったため、自分のロッカーに入れたまま失念。出願の締…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです