メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学推薦入試書類出し忘れ 滋賀県教委、県立高教諭2人など処分

謝罪する滋賀県教委の担当者ら=県庁で2020年3月27日午後4時16分、菅健吾撮影

 生徒から預かった私立大学の推薦入試の出願書類を送り忘れていたとして、滋賀県教委は27日、県立高校の担任の男性教諭(31)と進学担当の男性教諭(61)をいずれも減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。担任が自分のロッカーに入れたまま、送付を忘れていたという。

 県教委によると、担任は2019年11月1日に高校3年の生徒から出願書類を預かり、進学担当の教諭に渡そうとしたが不在だったため、自分のロッカーに入れたまま失念。出願の締…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 夜の銀座クラブ出入り 与党、疑われる本気度 コロナ対策 野党、批判強める

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです