メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トンネル内に「滑り台式避難路」 西日本の高速で初 300mにつき1カ所設置 阪神高速大和川線

約3メートル下のトンネル下層へ避難する滑り台=堺市堺区で2020年3月19日、高橋昌紀撮影

 29日に全線開通する阪神高速大和川線(堺市―大阪府松原市、全長9・7キロ)のトンネル内に、西日本の高速道路で初めて「滑り台式避難路」がお目見えする。トンネルが円筒形の上下2層構造になっており、緊急時には、道路が通る上層から避難路のある下層へ滑り降りる。道路側で発生した火炎や煙をシャットアウトすることができ、安全性の向上が期待できるという。

 阪神高速によると、大和川線は河川や鉄道の線路などを横切るため、全区間の7割(6・8キロ)をトンネルが占める。このうち円筒形に掘削された3・9キロの区間に、約300メートルにつき1カ所の間隔で上下線各22基の「滑り台」が設置された。1基につき、1分間に40人が避難できるという。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです